海を渡ってきた住まい。
私たちがご提案する「ザ・ホームps」は、皆さんの「当たり前」を変えてしまいます。

世界最高水準の強度を誇る高耐震性 【高耐震を構成する要素 2×6工法】

ザ・ホームpsは、2×6工法。だから、地震などに対して優れた耐震性を発揮し、 自然災害にも強い工夫で、耐久性の高い住まいを実現しています。

枠組み壁工法
在来工法、2×4工法の強度を超える、2×6工法を用いた枠組み壁工法採用

ザ・ホームpsは外周部に2×6材を使用した、枠組み壁工法を採用しています。 在来の木造住宅が柱で家を支える軸組み工法であるのに対し、 枠組み壁工法=2×4工法は、壁パネル、 つまり「面」で支えることにより外部からの力に対して圧倒的な強さを実現しています。
事実、国内で発生した大震災においても2×4工法の優れた耐震性は実証されています。 ザ・ホームpsの場合は、 カナダの高規格な住宅基準から生まれた22×4工法のさらに一つ上をいく2×6工法による枠組み壁工法を採用していますので、 類い稀な耐震性を実現しています。

壁パネル強度
一般の2×4工法より柱の間隔を狭め壁の強さを保持

2×4工法において、壁パネルの強度は耐震性に大きく影響します。 一般の2×4工法では、壁パネルの強度を保つスタッドと呼ばれる柱の間隔は455mmとなっていますが、 ザ・ホームpsではその間隔をさらに狭い406mm間隔で設置。 これにより、2×6の強度との相乗効果でより高い耐震性を実現しています。

カナダ

2×6工法と2×4工法のスタッドの
比較図

基礎
地盤調査によってその土地の性質に合った最適な基盤を設計

地盤の持つ地耐力は、その土地によってさまざま。 ザ・ホームpsはスウェーデン式サウンディング方式を用いた地盤調査によって土地の状態を的確に判断し、 適切な基礎及び地盤改良をご提案いたします。
標準は鉄筋コンクリート造一体型の布基礎。 基礎立ち上がり幅を公庫基準値よりも25%アップさせた150mmとしています。 さらに地耐力が弱い軟弱地盤においては、不同沈下を起こしにくい基礎構造で床下の防湿にも優れたベタ基礎や、 地盤の表層改良、杭打ちによる深層改良など、建物本体だけでなく土地も含めた対策を実施しています。

▲ページトップへ


世界水準の高断熱・高気密 【高断熱・高気密を構成する要素 断熱材2.45倍】

世代省エネ基準と比べ、断熱材は、厚さも暖かさも2.45倍(※)。だから、高断熱・高気密住宅といえるのです。

(※次世代省エネ公庫基準との断熱材の厚さの比較)

壁パネル強度

(クリックで拡大)

断熱材の厚さ
公庫一般基準に比べ、厚さ3倍以上の断熱材を設置

ザ・ホームpsの断熱材は良質なカナダ製細繊維グラスウールを、 屋根・壁・床にそれぞれ、216㎜・152㎜・216mmという厚さで高密度に使用しています。
公庫基準値(Ⅲ地区)の55,mm・45㎜・45㎜という数値をはるかに上回る高水準な規格で充填され、 次世代省エネ基準と比較しても、1.53~2.45倍の断熱材が最適な室温を逃すことなく、冬暖かく、 夏涼しい快適な生活環境を作り出します。

●断熱材の厚さの比較(次世代省エネルギー公庫基準)
  Ⅲ地域 ザ・ホームps
天井 180mm 216mm
外壁 105mm 152mm
90mm 216mm

※断熱材について住宅用グラスウール16K相当のもので算定。
※Ⅲ地域/宮城、山形、福島、新潟、茨城、栃木、群馬、長野、山梨、富山、 石川、岐阜、福井、滋賀

グラスウール

グラスウール

R値(熱抵抗値)
暖かさの基準を示すR値も公庫基準の3倍以上

R値(熱抵抗値)は、暖かさの基準を表わす指標です。 断熱材の性能は、その密度と断熱材自体の厚さを含めたR値(熱抵抗値)によって変わってきます。
ザ・ホームpsのR値は、公庫基準と比較すると3.89~4.9倍、 次世代省エネと比較しても1.53倍~2.45倍の熱抵抗があります。 さまざまな断熱材の種類がありますが、その素材に限らずR値が高くなければ、 本来の断熱性を得ることができません。

▲ページトップへ


■世界水準の高断熱・高気密 【高断熱・高気密を構成する要素 窓】

1.70W/m2K(※)の熱貫流。だから、開口部(窓)の断熱も万全です。

(※PVC複層Low-E2ガラス熱貫流率)

Low-E2加工
遮熱・断熱性に優れ、結露しにくく冷暖房効果を発揮

高断熱・高気密住宅に欠かすことのできないのが、開口部の性能です。 ザ・ホームpsは特殊金属膜を2度コーティングしたLow-E2加工の複層ガラスを使用し、 ガラスとガラスの間にはアルゴンガスを注入してさらに断熱性を高めていますので、 冬場の不快な結露の発生を抑えるだけではなく、夏場の冷房効率も高めることができます。

Low-E2加工

(クリックで拡大)

樹脂サッシ
熱の伝わりを樹脂部が遮断して、高い断熱効果を実現

ザ・ホームpsが標準装備しているカナダ製高性能樹脂サッシは、一般的に使用されているアルミサッシに比べて熱が伝わりにくく、 結露の発生を極力抑えることができます。
また、サッシフレーム内には、小さな空気層を複数形成できるチャンバー構造を採用し、断熱性能をより高めています。

樹脂サッシのグラフ

サッシ断熱性能(熱貫流率)の比較
(クリックで拡大)

▲ページトップへ


■静かな室内環境をつくる高遮音性。
■安心・安全に心地よく暮らす健康・快適性 【健康・快適性が調和した 住環境】

ザ・ホームpsの高断熱・高気密性が、静かな室内環境を作ります。
また良質な木材を使用しているザ・ホームpsは、化学物質をほとんど含まない体にもやさしい住まいです。

カナダ製高性能複層ガラス・PVC樹脂サッシ
わずらわしい騒音を約30デシベルにまで遮音

ザ・ホームpsの2×6工法の分厚い壁と外壁材、 そしてシングルペアガラスの約2倍以上の遮音性を誇るLow-E2加工複層ガラス・PVC樹脂サッシが、 飛び抜けた遮音性を発揮しています。 外の騒音は例えば、住宅地では40~75デシベル、市街地では60~85デシベル。
一般的に望ましい騒音レベルは30~40デシベルといわれておりLow-E2加工ペアガラスサッシの場合は、 約30デシベル以上の遮音効果があるので、室内や外の音を気にせず快適な毎日が過ごせます。

遮音金物
上下階の遮音効果が増すS字型金物

ザ・ホームpsでは、1階天井に二重貼りした石膏ボードと分厚い断熱材を設置した上に、 サウンド・リジリエント・チャンネルズという遮音金物を固定。
空気の層を設けることで振動や音を拡散させ、より高い遮音性能を実現しました。 また、89㎜の断熱材も吸音性を高める効果があります。

遮音金物

遮音金物 (クリックで拡大)

24時間換気システム
高断熱・高気密住宅に欠かせない、24時間セントラル換気システム

ザ・ホームpsでは、高断熱・高気密の住まいが、健康で快適な室内環境をつくるに欠かせない設備として、 家全体の空気を24時間計画的に換気、循環させるセントラル換気システムを標準装備しています。 室内温度の変化を抑えながら、1サイクル2時間で入れ替え・循環させることで常にクリーンな室内環境を保つことができます。
また、各居室間の温度差の解消にもつながり、さらに、カビの原因となる結露も防ぐので、 住まいの寿命も延び、末永く健康で快適な暮らしが実現します。 1日当たりの消費電力は約27円(※)と、低ランニングコストで満足度の高い設備です。

(※1台設置で強運転で24時間運転の場合)

セントラル換気システム

セントラル換気システム

0ホルマリン
シックハウス症候群の原因とされる ホルムアルデヒドの対策も万全

欧米諸国には、化学物質についてのしっかりとした基準があります。 カナダCOFIの針葉樹合板のホルムアルデヒド放散量は、JASのF☆☆☆☆レベル以下。 もちろん壁紙の接着にはゼロホルマリンタイプを使用。 フローリングも接着剤を使わず釘で貼っています。
無垢材を多く使用しているため、有害な化学物質は極力控えています。 フローリング、キッチンの面材などにも使用している、カナダ産の良質な無垢材。
工業的に化学物質の入らない無垢材は、ホルムアルデヒド以外の化学物質も含まない素材として認められ、 健康への影響を防止する上で有効な素材です。 また、本物の木の風合いを活かした無垢材は、高い品質と耐久性をともに持ち合わせています。

ホルムアルデヒド放散量の比較(使用合板)

ホルムアルデヒド放散量の比較
(使用合板) (クリックで拡大)

▲ページトップへ

お気軽にお問い合わせください! お問い合わせ 資料請求